リオ五輪女子棒高跳び金・ギリシャのステファニディ、2020年東京五輪の開催に否定的(update)

2016年リオ五輪・女子棒高跳び金メダリストのギリシャのカテリナ(エカテリニ)・ステファニディは2020年東京オリンピックの7月開催に否定的であるとギリシャメディアが伝えた。

GreeceJapan.comアーカイブ「リオ五輪・女子棒高跳び金のギリシャのステファニディ、IOCアスリート委員会の候補者に」

ステファニディは現在の状況について、アスリートらに大きなストレスを与えていると語った上で、アスリートらは閉鎖された空間でトレーニングを行わず、彼女自身は屋外や海岸のような開けた場所でトレーニングを行っていると言及。またオリンピックが巨額の予算を必要とするスポーツイベントであることは理解するものの、アスリートらにとって東京の選手村の状況は過密であるとした。

またステファニディは国際オリンピック委員会(IOC)は2020年東京オリンピックは予定どおり開催されると表明し続けているものの、このような状況に至っては、参加者の多い競技団体、例えばアメリカのような国が危険であると判断して不参加を決定した場合には大会は立ち行かないのではとの認識を示した。

19日(木)ギリシャ・アテネのパナシナイコスタジアムで聖火を東京に向け引き継ぐギリシャ人アスリートの一人であるステファニディは、日本の安倍晋三首相が東京オリンピックは予定通り開催されるとした発表に対し、15日(日)自身のツイッターで「オリンピックは予定通り開催されるでしょう。ただし観客も、アスリートも、コーチ陣もなくね」と投稿した。

【 3月15日(日)投稿のステファニディのツイッター 】

またステファニディは17日(火)国際オリンピック委員会(IOC)が開催した電話会議での臨時理事会で東京五輪を予定通り開催する方針を再確認し、続いて行われた各国際競技団体(IF)との協議でも7月24日の開幕に向けて準備を進める方向性で一致したとしたことを受け、同日自身のツイッターを更新。投稿では「これが今の状況です。IOCは私たちの健康を、私たちの家族の健康を、そして公衆衛生を、毎日トレーニングを行うことで危険にさらし続けることを望んでいるのでしょうか?あなた方はまさに今、私たちを危険にさらそうとしているのです、4か月後ではなく。」とIOCの決定を強く非難した。

【 3月17日(火)投稿のステファニディのツイッター 】

(update: 2020/3/18)

 


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

scroll to top