新型コロナウイルス:ギリシャで屋外でのマスク着用義務が解除

ニコス・ハルダリアス・ギリシャ市民保護省政務官は6月24 日(木)から新型コロナウイルス感染症に関するギリシャ国内での制限措置を一部変更すると23日(水)発表した。その内容は次のとおり。

・屋内でのマスク着用義務は継続される。
・屋外でのマスク着用義務は、雑踏等、混雑している場所を除き解除する。

また、6月28日(月)から夜間の外出制限は解除される。

ギリシャ国内における6月23日(水)の新たな新型コロナウイルス感染者は520人で、累計は419,455人。新たな死者は14人で、累計で12,595人となっている。

また、ギリシャ国内で6月23日(水)までに1回目のワクチン接種を行った人は累計で4,604,248人で、2回目の接種を完了した人は累計で3,321,644人となっている。

 

scroll to top