パパイオアヌー演出「Transverse Orientation」京都公演に駐日ギリシャ大使夫妻が来場(photos)

ギリシャの世界的演出家にして振付家のディミトリス・パパイオアヌーの新作「Transverse Orientation」が京都・岡崎のロームシアター京都で8月10日(水)に初日を迎え、2004年のアテネ五輪の開・閉会式にも携わったディミトリオス・カラミツォス‐ジラス駐日ギリシャ大使とマルガリタ・マヴロミハリス大使夫人が駆け付け、公演の成功を祝した。

(右から)パパイオアヌー氏、カラミツォス-ジラス大使、マヴロミハリス夫人

ロームシアター京都は1960年(昭和35)に「京都会館」として開館。改修・改築工事を経て2016年(平成28)に「ロームシアター京都」としてリニューアルオープンしたもの。長年に渡り国内外の著名な芸術家の公演を手掛け、2019年にはパパイオアヌーの日本初公演となる「THE GREAT TAMER(偉大なる調教師)」を彩の国さいたま芸術劇場とともに上演。パパイオアヌー作品の上演は3年振りとなる。

数々の困難を乗り越え開催された10日(水)・11日(木・祝)の2公演の前売券はすべて完売という中、初日の10日(水)には若干枚の当日券を求めて多くのファンが長い列を作り、パパイオアヌーの高い人気が伺われた。初日の会場にはカラミツォス-ジラス大使夫妻とともにジョージ・マルタキス在芦屋名誉総領事夫妻も駆けつけた。

来年世界ツアーを予定しているというパパイオアヌー自身ともう一人の俳優の二人だけが出演する最新作「INK」の日本上陸が待たれるところだ。

photos: Junko Nagata ©GreeceJapan.com

GreeceJapan.com パパイオアヌーへの独占インタビューはこちらから >>

「Transverse Orientation」演出家パパイオアヌー、日本公演について語る
「The Great Tamer」演出家ディミトリス・パパイオアヌー

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top