ギリシャ:国外から入国するすべての者に対し3日間の自主隔離を義務付け、18日(金)から

photo: GreeceJapan.com

ギリシャ政府は2020年12月18日(金)から2021年1月7日(木)までの期間、ギリシャ国外から入国するすべての者に対し3日間の自主隔離を義務付けると発表した。事前の発表では10日間の自主隔離を義務付けるとしていた。

今回の措置は12月11日(金)ギリシャの政府報道官により発表されたもの。入国者は電子申請(PLF)の実施と入国72時間以内のPCR検査陰性結果の提示が義務付けられるほか、到着時の抗原テスト(ラピッドテスト)が合わせて義務付けられる。

また12月14日(月)から理髪店・美容院等が営業を再開。なお教会についてはクリスマス当日の12月25日(金)および年明け2021年1月6日(水)の神現祭(Θεοφάνια)の日のみ一般に開放されるとしている。

 

scroll to top