ギリシャ保健省のロゴに描かれる「アスクレピオスの杖」

ギリシャ保健省の公式発表をもとに我々は日々ギリシャにおける新型コロナウイルス感染症状況に関する情報を皆さまにお伝えしているが、このギリシャ保健省のロゴの由来をご存知だろうか。

そのロゴの意匠はもちろん古代ギリシャに由来を持つものだ。描かれているのはギリシャ神話の健康と医学の神アスクレピオスの持つ一匹の蛇が巻き付いた杖であるが、この杖の意匠は現在世界各地で広く医療機関や公衆衛生分野の団体のロゴやマークとして用いられている。

アスクレピオスをまつる神殿の中で最も有名なものがエピダヴロスだが、この他にも古代ギリシャの医師ヒポクラテスが生まれたギリシャのコス島にもアスクレピオス神殿がある。これらアスクレピオス神殿では蛇は聖なる生き物として扱われていたとされている。

なお、ギリシャ保健省のロゴの下部に書かれているのはギリシャ語で「保健省」を意味する「ΥΠΟΥΡΓΕΙΟ ΥΓΕΙΑΣ(イプルギオ・イギアス)」。

ギリシャにおける新型コロナウイルス感染状況については以下のリンクに掲載中。
ギリシャ・新型コロナウイルス感染症状況

 


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top