ギリシャへの入国者、PLFフォームの事前オンライン登録義務が3月15日(火)から解除

photo: GreeceJapan.com

ギリシャに入国する全ての者に対して、滞在先や滞在中の連絡先等の登録を義務づける電子登録フォーム(Passenger Locator Form/PLF)に関して、ギリシャ政府は2022年3月15日(火)からすべてのギリシャへの入国者に対してその登録義務を解除すると発表した。

PLF登録義務が解除される3月15日(火)以降ギリシャへ入国する者に対しては、入国者の国別に、新型コロナウイルスのワクチン接種や検査結果・陽性からの回復の各証明書に関するEU共通の枠組み「EU デジタル COVID-19 認証システム」の提示や、EU に承認されたコロナウイルス検査陰性証明書、またはワクチン接種証明書等の提示がそれぞれ義務付けられている。

なお、現時点で、日本からの入国者については「EU デジタル COVID-19 認証システム」の対象外であることから、ワクチン接種の有無等に関わらず、新型コロナウイルス検査の陰性結果証明書(※到着前72時間以内のPCR検査または到着前24時間以内のラピッドテストによるもの)の提示が義務付けられているので注意が必要。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top