東京国際映画祭2017:ギリシャのハリートス監督の「ドルフィン・マン」特別上映へ

©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW Photo by Mayol family archive

2017年10月25日(水)から11月3日(金・祝)まで東京港区の六本木ヒルズを中心に開催される第30回東京国際映画祭のラインナップが26日(火)発表され、ギリシャのレフテリス・ハリートス(Lefteris Charitos)監督が製作した伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨールの波乱の人生に迫るドキュメンタリー「ドルフィン・マン(Dolphin Man)」が特別上映/アジアン・プレミアとして上映されることがわかった。

ハリートス監督は1969年(昭和44年)アテネ生まれ。アテネの高校を卒業後ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)で学んでいる。

上映スケジュールは10月上旬発表予定。なお、「ドルフィン・マン」他2作品の特別上映作品のチケットは10月15日(日)16時から一般販売される予定。

「ドルフィン・マン」公式サイト

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top