東京国際映画祭2020開幕:ギリシャのニク監督『アップル』上映

GREEK

クリストス・ニク監督『アップル』ポスター

世界各国から優れた作品が東京に集い毎年開催されている国際的な映画の祭典・第33回東京国際映画祭(TIFF 2020)が10月31日(土)開幕した。

新型コロナウイルス感染症の影響の中、世界中の映画祭が中止、あるいはオンラインでの開催に移行する中、東京国際映画祭ではフィジカルに開催することを選択。また今年はこれまでのコンペティティブ3部門に代わる世界の新作ショーケース部門として「東京ワールドプレミア2020」を設け、12本の長編初監督作品を含む32本を上映。この全作品を対象に、観客からの投票により最も多くの支持を得た1作品を表彰するという。

この「東京ワールドプレミア2020」にギリシャから選出されたクリストス・ニク監督の『アップル(Μήλα)』は、監督自身初の長編作品。東京での上映がアジア初となる「アジアン・プレミア」として、2020年11月2日(月:18:10-)・11月7日(土:10:20-)の2回東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映される。

GreeceJapan.com:第33回東京国際映画祭にギリシャのニク監督「Apples(ミラ)」が登場!

ニク監督は1984年アテネ生まれ。アテネで監督・脚本を学んだ後映画やCMのアシスタントディレクターとして活動しつつ、ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督の助手のほか、様々な監督と映画制作に携わり、2012年には初の短編作品「km」を監督、世界各地の映画祭でノミネートされ、2013年のMotovun Film Festivalでベストショートフィルム賞を獲得している。

photos: Junko Nagata © GreeceJapan.com

[ ニク監督『アップル』トレイラー ]

 

スタッフ
監督:クリストス・ニク
脚本:スタヴロス・ラプティス
撮影監督:バルトシュ・シュフィニャルスキ
編集:ヨルゴス・ザフィリス
美術:エフィ・ビルバ
衣装:ディミトラ・リアクラ
音楽:ザ・ボーイ
音響デザイナー:レアンドロス・ドゥニス
音響:コスタス・クテリダキス、サソ・カラン、トム・レマイッチ

キャスト
男:アリス・セルヴェタリス
女:ソフィア・ゲオルゴヴァシリ、アナ・カレジドゥ、アルギリス・バキルジス

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top