映像で見る1964年東京五輪:アルヘア・オリンピアで聖火リレー開始(Video)

GREEK

2020年3月12日(木)ギリシャで2020年東京オリンピックの聖火採火式が開催された。採火された聖火は歴史上初の女性第一聖火ランナーであり、2016年リオ五輪・女子射撃金のアナ・コラカキに引き継がれたものの、残念ながら13日(金)これ以降19日(木)までに予定されていたギリシャ国内の聖火リレーは全て中止されることとなった。7月24日(金)から開催される予定のオリンピックの行方が注目されている。

そんな中、今から56年前の1964年8月21日ギリシャのアルヘア・オリンピアで、聖火トーチを手に遠く東京へ向け聖火をつなぐ旅へと走り出した第一聖火ランナー、ヨルゴス・マルセロスの姿を映像でご紹介したい。

独占インタビュー | ヨルゴス・マルセロス:1964年東京五輪の第一聖火ランナー、GreeceJapan.comに語る

56年後の2076年、果たして私たちは2020年の東京オリンピックの頃をどのように思い出すのだろうか。

[ ビデオ ]

 

アルヘア・オリンピアのピエール・ド・クーベルタン記念碑に向かって走るヨルゴス・マルセロス

Photo:ヨルゴス・マルセロス氏所蔵

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top