在キプロス日本国大使館、7月23日(月)開館記念レセプション開催

中央・左:アナスタシアディス大統領/中央・右:中根外務副大臣

2018年7月23日(月)キプロスのニコス・アナスタシアディス大統領ら政府高官を招いて在キプロス日本国大使館の開館を祝う記念レセプションが開催された。

今年1月に在キプロス日本国大使館が開館されるまで、キプロスにおける日本の外交使節はアテネの在ギリシャ日本国大使館が兼任していた。今回の大使館の開館により更なる二国間の関係発展が期待されている。

今年4月に中津川伸一(なかつがわ しんいち)・駐キプロス日本大使が着任したばかりの在キプロス日本国大使館の開館を祝うレセプションには23日(月)から24日(火)までキプロスを訪問した中根一幸(なかね かずゆき)外務副大臣が出席。56年の歴史を持つキプロス・日本両国間の友好関係の中で、今回の中根副大臣の訪問は日本の外務副大臣の公式訪問としては初となるもので、中根副大臣はアナスタシアディス大統領との会談に際してエネルギー問題をはじめ、観光、海運、文化、経済に至るまで更なる友好関係の強化を進めていきたいと語った。

また開館記念レセプションに参列したキプロスのニコス・フリストドゥリディス外務大臣は、現在中国に常駐のキプロス大使が対日本のキプロス外交使節を兼任しているところを、今年末までに東京にキプロス大使館の開館を目指すとするとともに、あわせて今秋までにキプロスの政府高官の訪日を実現したいと述べた。

scroll to top

Send this to a friend