ホメロスの「オデュッセイア」、新作能「冥府行~ネキア」として東京で上演

(c) Nekiya – Nikos Vourliotis / Athens and Epidaurus Festival

ホメロスの「オデュッセイア」の第11章「ネキア」を原作にした新作能「冥府行~ネキア」が、今年7月24日(金)・25日(土)ギリシャの古代劇場・エピダヴロスでの上演に先立ち東京・千駄ヶ谷の国立能楽堂で上演される。

ギリシャの演出家ミハイル・マルマリノスが構成と演出を、人間国宝の能楽師・梅若玄祥が出演に加え、節付、作曲、振付を担当し、脚本を能楽プロデューサーの笠井賢一が担当している。

[ 公演情報/冥府行~ネキア ]

日時: 2015年7月15日(水)
会場: 東京都 千駄ヶ谷 国立能楽堂
脚本: 笠井賢一
演出: ミハイル・マルマリノス
節付: 梅若玄祥
原作: ホメロス 「オデュッセイア」
出演: 梅若玄祥
料金: S席10,000円 A席6,000円(当日引換券) 学生席4,000円

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top