プリンストン高等研究所・ハニオティス教授(ギリシャ史)講演会が5日(金)東京で開催

IAS_bannerアメリカ・プリンストン市のプリンストン高等研究所(Institute for Advanced Study)のギリシャ史の教授であるアンゲロス・ハニオティス氏(Angelos Chaniotis)による講演会が2014年9月5日(金)東京・大妻女子大学で開催される。

“Theatricality and Illusion in Public Life:Hellenistic Paradigms and Modern Experiences(演劇と幻想の政治世界:ヘレニズムの規範と現代の経験)”と題された今回の講演は、まるで演じるがごとくに生きるギリシャ人のメンタリティーを縦横無尽に語るものとなっているという。

参加費は無料。講演会終了後にはハニオティス教授との簡単な懇親会が予定されている。

[ 講演会詳細 ]

・日時: 2014年9 月 5 日(金) 受付開始 18:10-/講演会 18:30-19:40 /懇親会 19:45-20:30
・会場: 大妻女子大学 千代田キャンパス(102-8357 千代田区三番町 12)
(講演会:A 棟(大学校舎)150 教室 懇親会:アトリウム)
・問い合わせ: 日本ギリシャ協会事務局 担当・川上
Tel:03-5550-9510/Fax:03-5550-1132/e-mail:info@japan-greece-society.jp

※講演会は英語で実施、講演内容は和訳を用意。質疑応答は日本語も可能。


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

scroll to top