没後55年を記念し『国際ニコス・カザンザキス賞』が創設

国際的作家であるニコス・カザンザキスの没後55年を迎える今年、国際ニコス・カザンザキス友好協会が『国際ニコス・カザンザキス賞』を創設することがわかった。

コンテストは学士論文、研究論文、職業研究等の著述作品のみならず、ニコス・カザンザキスの作品に着想した詩作、エッセイ、散文を対象に行われる。各賞は2013年10月に授与される予定。コンテスト参加希望者は-国籍、年齢、居住地に関係なく-今年4月末日までに作品を提出する必要がある。各作品は20ページを超えてはならず、またギリシャ語、フランス語、イタリア語、スペイン語のいずれかで記述されていなければならない。

調整委員会のヨルゴス・スタシナキス委員長をリーダーとする友好協会のギリシャ部会メンバーは、このコンテストは国際ニコス・カザンザキス友好協会の活動のひとつとして、偉大なクレタ人の作家・思想家の没後55年を記念したものになると発表した。

コンテストはまた、来年には芸術作品(カザンザキス作品を基にしたドキュメンタリー、音楽、造形美術等)に対しても拡大されることが期待されている。


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

Leave a Reply

scroll to top