フェンシング世界選手権カイロ:女子サーブルで日本の江村が金・ギリシャのゲオルヤドゥが銅

左から:BASHTA(AZE)、江村、ゲオルヤドゥ(GRE)、NAVARRO(ESP)

2022年7月15日(金)から23日(土)までエジプト・カイロで開催されているフェンシングの世界選手権で、20日(水)女子サーブル個人戦の決勝が行われ、日本の江村美咲が金を、ギリシャのデスピナ・ゲオルヤドゥが銅を獲得した。

今年5月のフェンシング女子サーブル ワールドカップ チュニジア大会でも金を獲得し波に乗る江村は今大会では世界ランキング3位。決勝ではアゼルバイジャンのAnna Bashtaを15-10で制し再び金を掴み、日本選手として史上初のサーブル種目での世界選手権のメダルを獲得する快挙を成し遂げた。

今大会江村とともに同種目に出場したゲオルヤドゥは、スペインのAraceli Navarroとともに銅を獲得した。

過去記事:フェンシング:女子サーブルワールドカップで日本が金・銅、ギリシャが銀

photos:公益社団法人日本フェンシング協会

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top