車いすフェンシング・ワールドカップ・ワルシャワ:ギリシャ男子が金

wheelchairfencing02

photo: Japan Wheechair Fencing Association

2015年7月9日(木)から12日(日)までポーランド・ワルシャワで開催された車いすフェンシング・ワールドカップ・ワルシャワ大会(IWAS Wheelchair Fencing World Cup, Warsaw, Poland 2015)で、ギリシャが男子団体戦で金メダルを獲得した。

wheelchairfencing

右:ピラリノス、中:トリアンダフィール、左:ドゥニス

大会4日目の12日に開催された団体戦にギリシャ代表として出場したのはゲラシモス・ピラリノス、パノス・トリアンダフィール、バシリス・ドゥニスの3名。サーブルで闘われる男子団体競技で、ギリシャ代表は準々決勝ではロシアに快勝。準決勝では国際大会ではここ3年間一度も負けたことのないウクライナを破り決勝に進出した。準決勝の勢いを保ったまま迎えた決勝では、開催国ポーランドと対戦、45-25の大差で破り、念願の金メダルを手にした。

また、男子個人戦・クラスAでは団体戦で金メダルを獲得したうちの一人、ゲラシモス・ピラリノスが銅メダルを獲得した。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top