フェンシング:ギリシャで開催のW杯で日本女子がサーブル団体で銀

GREEK

左から:江村美咲・髙嶋理紗・福島史帆実・田村紀佳

2022年3月6日(日)ギリシャ・アテネで開催されたフェンシング女子サーブル ワールドカップ ギリシャ大会「アクロポリス・カップ2022」で日本チーム(江村美咲・髙嶋理紗・福島史帆実・田村紀佳)が銀メダルを獲得した。日本女子サーブル団体のワールドカップメダル獲得はこれが史上初。

今大会を世界ランク7位で迎えた日本チームは、東京2020オリンピック出場メンバーである江村美咲選手(立飛ホールディングス)、田村紀佳選手(旭興業)、福島史帆実選手(セプテーニ・ホールディングス)に、2021年の全日本選手権チャンピオンである髙嶋理紗選手(オリエンタル酵母工業)を加えた編成で出場。

ベスト16でドイツを45対31で、準々決勝で世界ランク5位のハンガリーを45対41で下して波に乗ると、準決勝ではポーランドに45対35で勝利。決勝戦では世界ランク3位のイタリアに43対45で惜敗したものの、見事銀メダルを獲得した。

開催国ギリシャの女子団体代表はドイツ代表に45対29で敗れ、21位で終わった。今大会の参加国は21か国。

photos: 公益社団法人日本フェンシング協会

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top