古代ギリシャ・ヒポクラテスの誓い~東京医科歯科大学の壁面に刻む想い

GREEK

東京・御茶ノ水駅から神田川を挟んだ対岸に位置するのが東京医科歯科大学だ。1928年(昭和3)に設置された東京高等歯科医学校に始まる同学の湯島キャンパスに2002年(平成14)完成した総合教育研究棟の最上部に、医学の父、医聖と称される古代ギリシャの医師ヒポクラテスの像と、あるべき医師の心得とされる「ヒポクラテスの誓い」を含む3つのレリーフが掲げられていることに気付く人はそう多くないだろう。

ヒポクラテスの像と、医学を志すすべての者が心に刻むべきとされる古典ギリシャ語で記されたその誓いは、レリーフ左側に位置している。レリーフ中央は、対話による教育の原点を表しているというヴァチカン宮殿「署名の間」に描かれているラファエロ作「アテネの学堂」で、プラトンとその弟子アリストテレスが対話する様を中心に、古代ギリシアの哲人が一堂に会したシーンが描かれている。また、レリーフ右側には1846年マサチューセッツ総合病院で行われた歯科医師モートンによる世界最初の全身麻酔公開実験を描いたロバート・ヒンクリーの作品が刻まれている。

同学によれば、これらの壁画レリーフは「教育」「研究」「診療」を題材とし、医歯学総合研究科・保健衛生学研究科の誕生により大学院重点化大学となった同学が、21世紀を迎えた今日、世界的拠点となるべく歩み始めたことを記念して作製されたものであるという。

遠く二千年以上の時を超えた今もなお、古のギリシャの賢人の言葉は、国境を越え、医学に携わるすべての人々に医師の志を伝え続けている。

レリーフ左:古典ギリシャ語で記されたヒポクラテスの誓いとヒポクラテス像

レリーフ中央:ラファエロ作「アテネの学堂」

ロバート・ヒンクリー作:歯科医師モートンによる世界最初の全身麻酔公開実験

東京医科歯科大学・湯島キャンパス/右がレリーフがある総合教育研究棟

Photos: Junko Nagata © GreeceJapan.com

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top