カプラロス・ギリシャオリンピック委員会会長が旭日中綬章を受章

GREEK

photo: Hellenic Olympic Committee

日本政府は4月29日(金)2022年(令和4)春の外国人叙勲の受章者のひとりとして、ギリシャオリンピック委員会会長にして国際オリンピック委員会委員のスピロス・カプラロス氏へ旭日中綬章を授与すると発表した。

2022年(令和4)4月29日に発令された春の外国人叙勲では、カプラロス会長を含め112名の受章者(うち女性22名)への叙勲が発表された。

旭日中綬章を受章したスピロス・カプラロス氏は1955年(昭和30年)アテネ生まれ。アテネ大学で経済学を学び、フランス・INSEADでMBAを取得。またアスリートとして1980年モスクワ五輪と1980年ロサンゼルス五輪の2大会に男子水球代表として参加したほか、1969年から1975年までギリシャ水泳界のトップアスリートとして活躍。2021年には欧州オリンピック委員会(EOC)の会長に選出されている。

カプラロス会長は今回スポーツを通じた日本・ギリシャ間の友好親善に寄与した功労により叙勲を受けたもの。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top