Travel+Leisure:2021年ワールドベストにギリシャのミロス島が選出

photo: ギリシャ政府観光局

北米を代表するレジャーメディア『Travel + Leisure』が読者の投票により選出する「世界で最も優れた25の島(The Top 25 Islands in the World)」の第1位に、ギリシャのミロス島が95.50のスコアで第1位に選出された。なお、同賞の第2位には同じくギリシャのフォレガンドロス島が選出されている。

ミロス島は香川県小豆島の姉妹島として知られているギリシャの島。海亀の保護活動を行う団体MEDASSETの創始者にして代表者のギリシャ人リリー・E・ベニセロス女史が小豆島に設置されたギリシャ風のオリーブ神殿と平和の鐘の鐘塔が海亀と似ていることに関心を示し、当時の内海町長と香川県知事に姉妹島提携を提案。1989年(昭和64)10月8日に姉妹島の調印に至って以降、互いに使節団を送るなど、積極的な交流が続いている。

GreeceJapan.com過去記事:小豆島

今年度のミロス島の受賞に際し、『Travel + Leisure』は島の魅力について「その素晴らしいビーチはさることながら、島を訪れる観光客に対する地元の人々の素晴らしい歓迎の意には目を見張るものがある」と高く評価した。

ミロス島は現在フランス・パリのルーブル美術館に展示されている「ミロのヴィーナス」が発見された島として世界的に知られているほか、世界各国の数々の賞に輝くワイナリー、火山岩地域での日光浴セラピー、島内の洞窟でのシュノーケリング、島の名産品を生かしたダイニングといった様々なアクティビティで、世界各地から島を訪れる訪問客を迎えている。

今年度の投票は2021年1月11日から5月10日までの日程で実施。雑誌、オンラインをはじめとする様々なプラットフォーム上から約3,500万人が票を投じた。

今回の表彰ではギリシャ政府観光局・北米地域の責任者であるコンスタンディノス・ハロコポス氏が表彰式に出席。その模様は『Travel + Leisure』2021年10月号に掲載される予定。

[ ギリシャ・ミロス島の地図 ]


GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
scroll to top