ギリシャ・ミロス島、今年10月予定の小豆島への姉妹島使節団の訪問を延期

GREEK

香川県小豆島と姉妹島提携を締結しているギリシャ・ミロス島で8月31日(木)開かれた第13回市議会で、今年10月に予定されていたミロス島の中・高校生らによる小豆島への使節団の訪問を延期する決議が採択された。

ミロス島のゲラシモス・ダムラキス市長はこの決議の中で、今回の使節団訪問の延期は現在の日本周辺の緊張状況を懸念した上のもので、2018年春の再訪を目指すと述べた。

今年予定されていた使節団はミロス島の13名の中・高校生を中心に、生徒らの両親、市役所職員ら総勢30名。

市議会ではミロス島と小豆島との1989年(平成元年)10月8日の姉妹島提携から28年に及ぶ長い友好の歴史について言及。使節団の相互訪問の継続の必要性を確認するとともに、今回の措置はあくまでも一時的なものであり、この延期に関し日本側が懸念する必要のないことを改めて強調した。

昨年2016年3月に行われた小豆島からミロス島への使節団の訪問では、ミロス島プラカ地区にギリシャ‐日本友好庭園が開園、記念プレートの設置と調印式が行われている。

[ 日本の使節団の子供らによるギリシャ国歌の演奏(Video: milosvoice.gr)]

 

Top