リオ五輪:ギリシャ男子ペア、セーリング470級で銅

mantis_kagialis

18日(木)リオ・グロリアマリーナ沖で行われたリオデジャネイロオリンピック・セーリングの男子470級(ディンギー)決勝で、ギリシャのパナヨティス・マンディス-パヴロス・カヤリス組が銅メダルを獲得した。

マンディス-カヤリス組の銅メダルで、ギリシャが今大会で獲得したメダルは金2・銀1・銅2の計5つ。

マンディスは1981年生まれの34歳、カヤリスは1984年生まれの32歳。2008年からペアを組んだ二人は今回のリオが初のオリンピック出場。前回2012年のロンドンオリンピックの出場を逃し一度は引退も考えたものの、8年の苦闘を経てついにオリンピックのメダルを手にした。

なお、同種目ではクロアチアのファンテラ-マレニッチ組が金を、オーストラリアのライアン-ベルチャー組が銀を獲得した。

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top