Tokyo2020:セーリング競技テストイベント、江の島で開催

GREEK

8月2日(金)から9日(金)まで神奈川県藤沢市の江の島で行われたセーリング競技・470級のワールドチャンピオンシップから5日後の今日15日(木)から、2020年の東京オリンピック・セーリング競技のテストイベントが開催される。

今回のテストイベントでは男女RX:S級、男子レーザー級、女子レーザーラジアル級、男子フィン級、男女470級、男子49er級、女子49erFX級、混合フォイリング ナクラ17級まで、セーリング競技のオリンピック種目の全てで競技が行われる予定。

ギリシャからは470級ワールドチャンピオンシップにも出場し4位に入賞、東京オリンピックへの出場権を獲得した男子ペアのマンディス-カヤリス組、既に東京への出場権を獲得している女子ペアのボジ-クロナリドゥ組に加え総勢9人のトップアスリートが参戦。1964年の東京オリンピックでもヨット競技が行われた江の島で、来年の本番を見据えた熱戦を繰り広げることになる。

日時:2019年8月15日(木)-22日(木)(*15-16日は事前計測日)
会場:江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市江の島一丁目 12 番地 2)

ギリシャ人参加予定アスリート

男子470級: パナヨティス・マンディス-パヴロス・カヤリス組
女子470級: マリア・ボジ-ラファイリナ・クロナリドゥ組

男子フィン級: ヤニス・ミタキス

女子レーザーラジアル級: バシリア・カラハリウ、アサナシア・ファキディ

男子RS:X級: ヴィロナス・コカラニス
女子RS:X級: カテリナ・ディバリ

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top