ヨーロッパ文芸フェスティバル2022:ギリシャとキプロスが参加

駐日欧州連合(EU)代表部や在日EU加盟国大使館らが主催し、ヨーロッパ各国の文芸作品を紹介する「第6回ヨーロッパ文芸フェスティバル (6th Europian Literature Festival)」に、今年2022年ギリシャとキプロスから2人の作家が参加する。

ヨーロッパ各国の作家や翻訳者が日本の識者と共に朗読やレクチャー、対談、パネルディスカッションに参加するこのフェスティバルは今年で6回目。オンライン形式で行われた昨年2021年のフェスティバルから1年、久しぶりに対面イベントも開催されるという。

ギリシャ文学のイベントでは、GreeceJapan.comに自身のギリシャ・テサロニキでの留学生活の様々な出来事をつづった連載「しがしが留学記」で人気の京都大学文学部非常勤講師・福田耕佑氏も参加する。

フェスティバルでは各国の作家らによるトークイベントをはじめ、昨年同様、「ヨーロッパの窓」と題し、ヨーロッパ人作家の作品(短篇または長編の抜粋)をオンラインで期間限定で無料で読むことのできるイベントが合わせて開催される予定。各イベントは参加無料、要事前申し込み。

[ ヨーロッパ文芸フェスティバル 2022~ヨーロッパ文学の100年~ ]
(6th Europian Literature Festival-100 years of Europian Literature/Europe then and now)

<ギリシャ>
ハリー・ヨーセフ(Harry Ioseph)・福田耕佑
(※ヨーセフ氏はリモート参加、福田氏は会場での登壇)
トークイベント「The Greek connection:ギリシャと日本の詩の関係」
日時:2022年11月26日(土)15:30 – 16:20
会場:港区立産業振興センター11階 小ホール
言語:英語・日本語同時通訳

<キプロス>
メフメット・ヤシン(Mehmet Yashin)
講演「キプロスの文学 : 紛争がわかつもの、詩と文学がつなぐもの」
日時:2022年11月26日(土)13:30 – 14:20
会場:港区立産業振興センター11階 小ホール
言語:英語(日本語への同時通訳あり)

<アイルランド・キプロス・ハンガリー>
ポーラ・ミーハン(Paula Meehan)・メフメット・ヤシン(Mehmet Yashin)・岡本 真理・福田 耕佑
パネルディスカッション「詩と戦争」
日時:2022年11月26日(土)14:30 – 15:20
会場:港区立産業振興センター11階 小ホール
言語:英語・日本語同時通訳

主催:駐日欧州連合(EU)代表部・在日EU加盟国大使館・EUNIC Japan(在日EU加盟国文化機関)・港区立三田図書館
問合せ:駐日欧州連合代表部 Tel. 03-5422-6001(代表)
公式サイト:https://eulitfest.jp/year2022/

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top