ギリシャ神話のオルフェウス伝説が題材のグルック作のオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」が上演

新国立劇場・大野和士オペラ芸術監督のラインアップの大きな柱、バロック・オペラから、音楽と演劇の融合を目指したオペラの改革者・グルックの代表作『オルフェオとエウリディーチェ』が勅使川原三郎演出、鈴木優人指揮で5月19日(木)から上演される。

『オルフェオとエウリディーチェ』は、多くの作曲家が取り上げたギリシャ神話のオルフェウス伝説を題材に、バロック・オペラに特徴的な歌手の技巧を顕示するための装飾を抑え、オーケストラの役割を充実させて、劇的緊張に富んだオペラを完成させたクリストフ・ヴィリバルト・グルックの作品。その演劇的な面白さにより、バロック・オペラの中でも群を抜いて今日の上演頻度の高い人気作となっている。

左:勅使川原三郎(演出)/右:鈴木優人(指揮)

演出には、今年7月のヴェネツィア・ビエンナーレで金獅子功労賞を受賞することでも話題の、深い美意識で世界中にその名を轟かす振付家・ダンサー・演出家の勅使川原三郎を迎え、指揮は新時代のバロック奏者として、そして指揮者としてもプロデューサーとしても大活躍中の鈴木優人が担当。出演者には、オルフェオ役に世界的カウンターテナーのローレンス・ザッゾ、エウリディーチェにヴァルダ・ウィルソン、アモーレに進境著しいソプラノ三宅理恵が揃うほか、勅使川原のアーティスティック・コラボレーターとして創作を共にする佐東利穂子、世界最高峰のダンサーのひとり、ハンブルク・バレエのプリンシパル、アレクサンドル・リアブコらがダンスに出演する。

バロック・オペラのシリーズは第1弾として2020年4月に上演が予定されていた『ジュリオ・チェーザレ』が惜しくも公演中止となったことから、『オルフェオとエウリディーチェ』が初の公演実現となる。

演出・振付・美術・衣裳・照明 勅使川原三郎メッセージ(video)

 

新国立劇場2021/2022シーズンオペラ 『オルフェオとエウリディーチェ』

公演日程:2022年5月19日(木)19:00/21日(土)14:00/22日(日)14:00
会場:新国立劇場 オペラパレス(東京都渋谷区本町1丁目1番1号)

スタッフ・出演
指揮:鈴木優人/演出・振付・美術・衣裳・照明:勅使川原三郎
エウリディーチェ:ヴァルダ・ウィルソン、オルフェオ:ローレンス・ザッゾ、アモーレ:三宅理恵、ダンス:佐東利穂子、アレクサンドル・リアブコ、高橋慈生、佐藤静佳
合唱:新国立劇場合唱団、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

料金:S:27,500円 ・ A:22,000円 ・ B:15,400円 ・ C:8,800円 ・ D:5,500円・ Z(当日のみ):1,650円

『オルフェオとエウリディーチェ』公演情報(新国立劇場)

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top