日本郵便がEMSと航空国際小包に特別追加料金を導入、6月から

photo: GreeceJapan.com

日本郵便株式会社は3月22日(火)のプレスリリースで、2022年6月1日(水)からEMS及び航空扱いとする国際小包に通常の郵便料金に加え、特別追加料金を導入すると発表した。

具体的には新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響による航空輸送量の減少に伴う輸送コストの高騰を理由に2021年6月1日から導入しているEMS特別追加料金を2022年4月1日(金)以降も延長して適用。また同時に、2022年6月1日(水)からEMSに加え航空扱いとする国際小包にも通常の郵便料金に加え特別追加料金を導入するとした。

EMS特別追加料金の適用期間の延長対象となるのは第2地帯(オセアニア、北中米、中近東およびヨーロッパ)あて。

また、6月1日(水)から新たに特別追加料金が導入されるのはEMS及び航空小包のうち第3地帯(オセアニア、カナダ、メキシコ、中近東およびヨーロッパ)及び第4地帯(米国(グアム等海外領土を含む。))で、EMS及び航空小包とも通常の郵便料金に加え第3地帯が1kg当たり500円の加算、第4地帯が1kg当たり800円の加算となっている。

なお3月22日(火)時点で、日本発ギリシャ宛の郵便については2020年4月から引き続き通常郵便物及び小包郵便物は船便のみの取り扱いでEMSの引き受けは停止中。また引き受け後についても配達まで時間を要する旨注意喚起されている。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top