第56回ピリッポイ‐タソス・フェスティバル、詩人カヴァフィスをトリビュート

56festivalphilippon

2013年7月5日(金)から9月1日(日)まで、古代遺跡で有名なギリシャ北部のフィリッピとタソス島で開催される第56回ピリッポイ‐タソス・フェスティバルで、ギリシャの誇る詩人コンスタンディノス・カヴァフィスの没後150周年を記念した特別プログラムが開催される。

期間中フィリッピ(古代名ピリッポイ)の古代劇場では、ギリシャ古典劇・現代劇のみならずコンサート、オペラに至るまで様々なプログラムが予定されている。

今年のフェスティバルのオープニングを飾るのは、北部ギリシャ国立劇場(National Theatre of Northern Greece)による古代ギリシャの喜劇・風刺作家アリストパネスの「平和」。これに続いてギリシャ国立劇場、アテネ-エピダヴロス・フェスティバル、ギリシャ各地の公立劇場から独立系劇団まで優れた劇団が集い、ギリシャ各地から多くの観客が詰めかける。

演劇作品のほかでは、映画「その男ゾルバ」の作曲であまりに有名なミキス・テオドラキスとアポストロス・カルダラスの二人の偉大なギリシャの作曲家に捧げる二つのコンサートは必見。

2か月に及ぶフェスティバルの最後は、ソフィア国立オペラによるオペラとバレエ作品で締めくくられる予定。

なお、今年度のフェスティバルに係る予算はおよそ63,000ユーロ(約8千万円)と見積もられているという。

 

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top