ギリシャの詩人カヴァフィスの作品をアニメ化:アテネで10月に上映

GREEK

Artwork by Kaori TSUNODA, Design by Dino SATO

ギリシャの誇る偉大な詩人コンスタンディノス・P・カヴァフィス(1863-1933)の作品に構想を得て、武蔵野美術大学の学生により2013年に開催されたアニメ・プロジェクト「カヴァフィス、東京に行く」が、2016、2017、2018年の新作も加えて、10月5日(金)一夜限りでギリシャ・アテネに甦る。

武蔵野美術大学視覚の専門選択授業「モーションイメージ」で学ぶ学生が指導教員であるダイノサトウ氏のもと、カヴァフィスの作品をアニメーションの手法を用いて描き、好評を博した作品の数々を鑑賞するまたとない機会となる。

・21人の日本人学生によるアニメアートフェア「カヴァフィス、東京に行く」アテネで開催(2013年)
・GreeceJapan.com独占インタビュー:「カヴァフィス、東京に行く」ダイノサトウ氏

今年2018年ギリシャ・アテネが図書と読書の促進を目的として国連教育科学文化機関(ユネスコ)が2001年から毎年実施している「World Book Capital(世界本の首都)」に選出されたことを受け、このプログラムの一環として開催される今回のイベントは、在ギリシャ日本国大使館の後援のもとスタヴロス・ニアルホス財団をはじめとした各団体の支援により実現したもの。

入場無料。イベントでは上映のほか朗読、展示などもあわせて行われる予定。

日時:2018年10月5日(金)20:00~
会場:Museum of Ancient Greek Technology Kostas Kotsanas (6 Pindarou str., Kolonaki, Athens)

プログラム詳細はこちらから(英語)

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する IAPONIA.GR、 Japanbyweb.com および Greek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend