東京2020:オリンピック聖火が東京・日本オリンピックミュージアムで展示

GREEK

2020年9月1日(火)から11月1日(日)まで、正面に新国立競技場を臨む東京・新宿の日本オリンピックミュージアムで東京2020オリンピック聖火が展示されている。

2020年3月12日(木)にギリシャ・オリンピアのヘラ神殿で採火された聖火は、19日(木)アテネのパナシナイコスタジアムで行われた引継式を経て、聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」で空輸され、20日(金・祝)に宮城県・航空自衛隊松島基地に到着。福島県のJヴィレッジなどで展示・公開された後、大会組織委員会の管理で東京都内で保管されていた。

・GreeceJapan.com – 特集:Tokyo 2020

東京2020オリンピック・パラリンピック大会の聖火リレーは、日本全国47都道府県・859市区町村で行われる予定で、本来であれば2020年3月26日(木)福島県・ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジでスタートした後、日本全国を121日間をかけて巡る予定だったが、2020年3月24日(火)大会の延期が発表されたことからスタートをとりやめていた。

東京2020大会の聖火リレートーチ(右:パラリンピック、左:オリンピック)

アテネから聖火を空輸した聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」の模型

東京2020日本代表選手団公式服装(右:開会式用、中:式典用、左:オフィシャルスポーツウェア)

新型コロナウイルス感染症対策を案内する看板が設置されたミュージアム入口

ミュージアム敷地の外周には、1896年の第1回アテネ大会から2020年東京大会まで、開催年と都市名が刻まれたプレートが埋め込まれている。

 

日本オリンピックミュージアムを有するJapan Sport Olympic Squareのビル

Photos: Junko Nagata © GreeceJapan.com

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top