飛込ワールドカップ2021:ギリシャの3選手が参加

Photo: Junko Nagata © GreeceJapan.com

2021年5月1日(土)から 6日(木)まで東京都江東区・東京アクアティクスセンターで行われるFINA 飛込ワールドカップ2021にギリシャから3人の男子選手が参加する。

今回の大会は東京2020オリンピック最終選考会を兼ねた大会として、また東京オリンピックのテストイベントとして開催されるもの。

男子4種目、女子4種目の計8種目が行われるうち、ギリシャの3選手は男子3m飛板飛込、男子10m高飛込、男子10mシンクロナイズドダイビングで戦う。いずれも2000年代生まれの若きアスリートの活躍が期待される。

・男子3m飛板飛込
セオフィロス・アフシノス
サノス・ツィリコス

・男子10m高飛込
・男子10mシンクロナイズドダイビング
ニコス・モルバリス
サノス・ツィリコス

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top