レオニダス・カヴァコス:2020年9月・10月の来日公演が延期に

2020年9月29日(火)・10月1日(木)・2日(金)に東京・紀尾井ホールで予定されていたギリシャの誇る世界的ヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスのベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会が新型コロナウイルス感染症対策による入国制限措置の影響で延期された。

GreeceJapan.com過去記事:レオニダス・カヴァコス

今回のプログラムは「カヴァコス・プロジェクト」と題して2020年から2022年にかけて行われるもので、今年2020年のベートーヴェンを皮切りに、2021年はブラームス、2022年にはバッハの演奏が予定されていたもの。

今回の延期を受け、来年2021年は予定どおりブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を行う予定であるものの、現時点で2022年以降についてはカヴァコス本人と協議中であるとしている。

既に発売済みのチケットを購入した場合は、購入先のプレイガイドで払い戻しの対応を行っている。

払戻し受付期間:2020年8月18日(火)~10月2日(金)
問合せ:AMATI/Tel: 03-3560-3010(11:00~15:00/土日祝休み)

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top