テサロニキ国際見本市2020:中止が決定

photo: thessalonikifair.gr

8月10日(月)ギリシャ政府は今年9月にギリシャ北部の大都市テサロニキで開催が予定されていたテサロニキ国際見本市を、ギリシャ国内での新型コロナウイルスの感染者の増加を理由に中止すると発表した。

今年85回目を迎えるテサロニキ国際見本市は、2020年9月5日(土)から13日(日)までの9日間の日程で開催される予定で、日本を含め世界各地から出展者が集まる国際見本市として知られており、今年はドイツが2020年の特集国として選出されていた。

テサロニキ国際見本市はギリシャ史上初の国際見本市として1926年(昭和元)10月に開催された。2020年までの94年間のうち、1941年から1950年までの10年間第二次世界大戦やドイツ軍の侵攻を理由に中止されている。

なお昨年2019年の入場者数は263,737人と発表されている。

 

scroll to top