Tokyo 2020:日本オリンピックミュージアムに見るギリシャ

GREEK

2020年東京オリンピックの聖火採火式まであと2日。世界中が待ち望んだ祭典がいよいよ幕を開けようとしている。この機会に東京・新宿に2019年9月14日開館した日本オリンピックミュージアムをご紹介したい。

今年7月24日(金)開会式が行われる新国立競技場を目の前に臨むJAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREに開館したミュージアムは2階構成。中でも2階有料エリアには各大会の聖火トーチをはじめ貴重な所蔵品を展示。そこにはオリンピック発祥の地・ギリシャに関連した資料も数多く展示されている。

新型コロナウイルスの影響を鑑み、2月27日(木)から3月16日(月)まで臨時休館中のミュージアム。再開までの間、ぜひGreeceJapan.comのカメラを通じて訪れてみてほしい。

入口の「イントロダクション」:古代オリンピックの様子やオリンピックの起源が描かれている

「日本とオリンピック」ゾーン:写真は1964年東京大会の聖火採火式の巫女アレカ・カツェリ

「日本とオリンピック」ゾーン:写真は1964年東京大会の聖火トーチを掲げて走る第一走者のマルセロス。

「世界とオリンピック」ゾーン:オリンピックの起源をギリシャの歴史とともに紹介

「世界とオリンピック」ゾーン:各大会の聖火トーチ等を展示、間近で鑑賞できる

「世界とオリンピック」ゾーン:ギリシャ・オリンピアのヘラ神殿での採火式の映像を見ることができる

1896年ギリシャで開催された第1回近代オリンピックのメダル(左)

2004年アテネ大会のトーチ(中央)

ギリシャ語版「オリンピック讃歌」の楽譜

ヘッドホンで「オリンピック讃歌」を聴くことができる

時代の空気を色濃く映した美しいオリンピック各大会のポスター

右のモニターでは各大会の詳細を検索することができる

戸棚にたたずむ2004年アテネ大会のキャラクター・アティーナ。もう一人のフィボスはどこに?

photos: Junko Nagata © GreeceJapan.com


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top