[読者投稿]短編小説「すぐに終わった夢」

GreeceJapan.com では常に、数多くの読者の中から日本語を学び、文章をつづることを愛し、自らの思いを記事としてGreeceJapan.com で発表したいと思う方にその門を広く開放しています。またそうして文章をつづることは、日本語を学ぶ方法の一つでもあります。

今回ご紹介するのもそんな試みを通じて日本語を学ぼうというある読者からの投稿です。その思いを大切にするため、あえて文章には一切の手を加えず原稿のまま掲載しています。読者の皆さまには、どうか広い心でこの文章をお楽しみいただければと思います。それぞれの想いや愛、学ぶ理由を抱えながら、ある外国の言葉を学ぼうと力を尽くす姿勢を称賛いただければ幸いです。

今回投稿してくれたのはジャーナリストとして活動するマリア・スカバルドニ。二度目の投稿となる今回は短編小説です。

マリア・スカバルドニ 「すぐに終わった夢」

ある女性はかつて村に住んでいた。彼女はまだ夜明け前の朝早く起きて、牛乳と卵を集め、水差しに水を入れ、生きている舎を世話します。

しかし、彼女は自分の人生が好きではなく、自分の魂に不満を抱いていました。毎日、喉に結び目があり、彼女は誘導され、すべての苦情が彼女にされ、彼女は現実に生きたいと切望している人生を常に夢見ていた。

ある日、彼女は水差しを運んだ。突然、彼女は夢を見始めました。ああ!-世界中を旅して、高価な宝石や高級服を買いに、羽毛ベッドで寝ています!彼女はどのように豊かな食べ物を食べて、世界中の窓の外を見たいと思いますか!
彼女は夢と魔法で完全に失われました。目を覚ますには、それが落ちたときに、長い間運ばれてきたミルクの入った水差しを見て、1000個を作ります…

彼女は不思議に思い始めました:どうすれば戻ってもう一度やり直すのですか?

彼女は重い心を持って再び戻ってきました。そして、彼女は時々夢を見るのは良いことだと思ったが、現実を実現することも…

 

scroll to top