キプロスのピアニスト、マルティーノ・ティリモのリサイタル、来年2月に横浜と京都で開催

キプロス島のギリシャ系音楽家一家に生まれたマルティーノ・ティリモによるピアノリサイタルが来年2018年2月に神奈川県横浜市と京都市で開催される。

膨大なレパートリーを持ち、指揮者や作曲家としても評価されている優れた音楽家であるティリモは、シューベルトとショパンの音楽に関しては特に高い評価を受けており、今回のリサイタルではその魅力を存分に堪能することのできるプログラムが用意されている。

わずか12歳でミラノ・スカラ座のソリスト達による「椿姫」を音楽祭で7公演指揮するという神童ぶりを見せ、13歳の時に家族でロンドンに移住。16歳でフランツ・リスト スカラシップを取得し英国王立音楽院に入学、首席で卒業するという華麗な経歴を持つ彼の入魂の演奏が期待される。

[ マルティーノ・ティリモ ピアノリサイタル ]

神奈川公演:
日時:2018年2月13日(火)19:00開演(18:30開場)
場所:青葉区民文化センター・フィリアホール(神奈川県横浜市青葉区青葉台2-1-1)
一般:5,000円、ペア:9,000円、学生:2,500円
問合せ・招聘・マネジメント:プロアルテムジケ (tel:03-3943-6677 / www.proarte.co.jp)

京都公演:
日時:2018年2月14日(水)19:00開演(18:30開場)
場所:京都コンサートホール 小ホール(アンサンブルホールムラタ)(京都市左京区下鴨半木町1番地の26)
一般:5,000円、ペア:8,000円、学生:3,000円
問合せ・マネジメント:otonowa (tel:075-252-8255 / www.otonowa.co.jp)

演奏曲(予定):
F.シューベルト:楽興の時 D.780
F.ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 作品52
F.ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
F.シューベルト:ピアノソナタ第20番 イ長調 D.959

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する IAPONIA.GR、 Japanbyweb.com および Greek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend