ヴィネクスポ・東京2016:ギリシャから70を超えるワインが紹介(Photo)

Greek

[URIS id=16627]

世界12の国と地域から600を超えるブランドが集結して開催されたヴィネクスポ・東京2016(Vinexpo Tokyo 2016)は16日(水)2日間の日程を終え閉幕した。

今回で2回目となる東京でのヴィネクスポは2016年11月15日(火)・16日(水)に港区のザ・プリンス・パークタワー東京で開催。ギリシャからは70を超えるブランドがギリシャワインを集めた特設ブースに出展、訪れたワイン・スピリッツ業界を始めとしたプロフェッショナルらにその魅力を紹介するとともに、マスター・オブ・ワインの称号を持つワインのスペシャリスト、コンスタンディノス・ラザラキス氏が2回に渡ってギリシャワインに関する試飲セミナーを開催した

vinexpo_013a

中央:カラツォリス大使、左:エンタープライズ・ギリシャ-ミリック氏、右:プロトパパス経済商務部長

開催2日目の16日(水)には在東京ギリシャ大使館からルカス・カラツォリス大使がギリシャブースを訪れ関係者を激励。エンタープライズ・ギリシャ(Enterprise Greece)のエヴァ・ミリック氏、ギリシャ大使館・経済商務部のディオニシオス・プロトパパス部長とともに来場者に向けたプロモーションを行った。

在東京ギリシャ大使館・経済商務部の調査によると、ギリシャから日本に向けたワインの輸出は近年記録的な増加傾向を示しているといい、金額(ユーロ)ベースでは2015年第1四半期では対前年度比で69%、2016年第1四半期では同じく対前年度比で87%の増加を記録している。

 

scroll to top