アナフィオティカ:アクロポリスの麓にあるキクラデス諸島の島

アクロポリスにプラカ側から登ったことがあるならば、キクラデス諸島を思い起こさせる小さな路地を歩いたことがあるのではないでしょうか。ここ、アナフィオティカは、プラカとアクロポリスの間にある小さな地区です。

この地区、アナフィオティカの名は、サントリーニ島の東にあるキクラデス諸島の島のひとつアナフィ島に由来しています。アナフィオティカは街の再建と王宮の建設の建設業者として働くためにアテネにやってきたアナフィ島からの労働者がこの地域に定住した19世紀半ばに形作られました。

最初彼らはアテネの別の地区で、国が許可した区画や家に居住していました。後に、彼らはその区画を立ち退かなければならなくなったことから、許可を得ずこの地区に移り住み、故郷の島伝統のキクラデス建築の家を建てたのです。はじめ、彼らが不法にこの地に居住しているとの反発がありましたが、時とともに定着していきました。

今日、アナフィオティカには約45戸の家屋が保存されています。一帯の特徴的な美と絵画のような光景だけでなく、アテネの街を見下ろす印象的な景色を楽しむことができる、訪れる価値のある一角です。

さあ、この島の一角を一緒に歩きましょう。

photos © GreeceJapan.com

アナフィオティカを撮影した別の2枚の写真もご覧ください。

私たちがTwitterに掲載した動画も合わせてご覧ください。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
scroll to top