短編映画の祭典「SSFF & ASIA 2022」ノミネート候補第三弾にギリシャ系アメリカ人監督作が選出(video)

2022年に開催予定のアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF & ASIA2022」のショートリスト(ノミネート候補)第三弾が2021年1231日(金)発表され、オフィシャルコンペティション supported by Sony インターナショナル部門にギリシャ系アメリカ人のラキ・カラビアス(Laki Karavias)監督の「The Night I Left America(原題)」が選出された。

今回発表されたショートリスト第三弾は、202110月に応募された合計約300作品から選出されたもの。カラビアス監督が選出されたオフィシャルコンペティション supported by Sony インターナショナル部門では13作品がショートリスト入りしている。

ラキ・カラビアス監督はイギリスのNational Film and Television SchoolとチェコのThe Prague Film Schoolで学んだ後、ミュージックビデオをはじめ様々な映像作品を制作。初の短編作品「35 YEARS TO THE MOON2016)」がOregon Short Film FestivalBest Oregon Film, Best Scoreを獲得、また様々な映画祭でオフィシャルセレクション作品に選出された。

今回ショートリスト入りした「The Night I Left America(原題)」はカラビアス監督の2021年最新作で、アメリカ・テキサスに住むあるウガンダ人少年の数奇な運命を描いている。

Short Shorts Film Festival & Asia 202220226月東京で開催される予定。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top