短編映画の祭典・SSFF &ASIA 2021にギリシャの2作品が参加(video)

アジア最大級の国際短編映画の祭典・ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2021の各部門ノミネート作品および特別上映作品が発表され、ギリシャから2作品が、またギリシャの民族楽器ブズーキをテーマにした1作品が参加することがわかった。

「CINEMADventure」がテーマの今年は、世界各国のフィルムメイカーによるCINEMAを発信していくと同時に、「スマートフォン映画作品部門 supported by Sony」や「バーティカルシアター部門 supported by smash.」といった新部門の展開による映像のADVENTURE、そして、コロナ禍で来日できない監督ともつながる「3D空間「DOOR」シアター supported by NTT」でのQ&Aといった様々な新たな試みが行われるという。

リアル上映は2021年6月11日(金)-6月21日(月)東京各地にて、またオンライン会場は4月27日(火)‐6月30日(水)まで開催される予定で、リアル上映のチケット予約は5月12日(水)14時から開始予定。

・Short Shorts Film Festival & Asia 2021 公式ウェブサイト
・Short Shorts Film Festival & Asia 2021 リアル会場チケット情報


インターナショナル プログラム2
「オールドウエスト(2020年)」デスピナ・クルティ/ギリシャ/18:16
上映日時:6月14日(月)13:30 – 15:20
上映会場:表参道ヒルズ スペース オー
オンライン グランドシアター:2021年6月11日(金)-21日(水)

スマートフォン映画作品部門
「ホームメイドクッキー(2020年)」/カリオピ・ヴィリー・コトゥラ、ニコス・カコナス/6:11/ギリシャ
上映会場:オンライン会場(配信期間:2021年6月11日(金)‐21日(月))

インターナショナル プログラム3
「同じ屋根の下で(2020年)」Simeon Tsonchev/25:00/ブルガリア
*ブズーキを弾く階上の隣人との出来事を描く作品。ギリシャのパナヨティス・フロニスがヤニス・パパイオアヌーの「Μη μου λες γιατί ξεχνάω」をブズーキで弾き語りしている。

上映日時:6月17日(火)13:20 – 15:20
上映会場:iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top