アテネのヒルトンホテル、改装のため1月31日に閉鎖:名称も変更へ

photo: GreeceJapan.com

国内外のVIPをはじめとする様々な宿泊客を受け入れて来たアテネのランドマークの一つ、ヒルトンホテルが2022年1月31日(月)改装のため閉鎖される。

改装後はラグジュアリーホテル「コンラッド」と改称される予定で、新たな施設はスイートを含む280部屋のホテル棟と、ヒルトンの「コンラッド・レジデンツ&ウォルドルフ・アストリア・レジデンツ」と名付けられる50のラグジュアリーアパートメント棟に生まれ変わることになる。

改装後にはホテル棟・アパートメント棟のほかプライベート・メンバーシップクラブをはじめ様々なレストランやショッピングモールといった施設が併設される予定で、投資額の総額は約1億3千万ユーロ。改装作業は2024年末までに完了する見込みという。

アテネのヒルトンホテルは1963年(昭和38)ギリシャ初の外資系ホテルチェーンとして開業。ギリシャを代表する観光地の宿泊施設として現在に至るまでその地位を堅持し続けていたもの。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
scroll to top