日本現代版画展「大空と大地の間」ギリシャ・アテネで7月17日(土)まで開催

GREEK

山本 博「白木蓮」/木版・32cm x 41cm

日本の優れた現代版画家の作品を展示する版画展「大空と大地の間」が、ギリシャ・アテネのグナロプロス美術館で7月17日(土)まで開催されている。

今回の版画展は、日本版画会と版画フォーラム実行委員会が2019年に開催した展覧会の入賞者を中心に、優秀な作家の作品51点を選抜。長年に渡って活発な交流を持つギリシャ版画家協会の協力を得て開催されるもの。

藤本 知士「京都・祇園」/木版・61cm x 46cm

2019年にはギリシャからフローレンス・クリスタキス・ギリシャ版画家協会長とニコス・スタヴラカンドナキス・ギリシャ版画家協会事務局長をはじめギリシャの版画家が来日。8月には東秩父・和紙の里で、11月には東京・上野の東京都美術館で、日本ギリシャ修好120周年記念事業の一つとして、ギリシャ・日本両国の版画作家の傑作50点あまりを集めた「日本・ギリシャ現代版画交流展」が開催されている。

岩田 昇「春梢」/木版・50cm x 70cm

[ 大空と大地の間-日本現代版画展 ]

日時:2021年5月18日(火)~7月17日(土)9:00~16:00 ※日・月休館
会場:グナロプロス美術館(6 Gounaropoulou St., Ano Ilisia, 15771, Athens)
入場無料

本間 政雄「紅葉の中遡上する夫婦鮭」/木版・46cm x 61cm

 

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top