大空を舞う鶴、アクロポリス博物館10周年記念プロダクツのデザインに採用

2019年6月20日(木)開館10周年を迎えたギリシャ・アテネのアクロポリス博物館が、10周年を記念する限定コレクションとして大空を飛翔する鶴をモチーフとしたコレクションを発表した。

今回発表された限定コレクションのデザインは、紀元前570年に建築された初代パルテノン神殿の外周にあしらわれていたという特別な色彩で描かれた鳥を題材としたものという。

ギリシャ語で「ゲラノス」と呼ばれる鶴は、古代ギリシャで知性、洞察力、幸運の象徴とされている。

アクロポリス博物館で販売されているコレクションは以下のリンクから確認することができる。

アクロポリス博物館・10周年記念アイテムの紹介(英語)

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top