東京・築地の「古代ギリシャ神殿」〜カトリック築地教会(photos)

GREEK

東京都中央区明石町に位置するカトリック築地教会は、明治4年(1871)にパリ外国宣教会のマラン神父が稲荷橋付近の商家を借りて伝道活動を始めたことに始まる歴史ある教会だ。

続く明治7年(1874)には、明治時代初期に外国人居留地に指定された築地一帯の中から現在教会が置かれている築地外国人居留地35・36番を借り受け、明治11年(1878)に聖ヨゼフを守護聖人としてゴシック式赤レンガ造りの聖堂が献堂された。

教会には明治11年(1878)から大正9年(1920)まで司教座が置かれていたが、大正12年(1923)発生した関東大震災によって旧聖堂は焼失、昭和2年(1927)に木造2階建の現聖堂が再建された。

現聖堂の設計者はジロジアス神父と石川音次郎。再建にあたっては当時の東京大司教であるレイ大司教の希望によりギリシア建築パルテノン型が採用され、パリの聖マグダレナ天主堂を参考に設計されたという。正面には6本のドーリア式のオーダーが立ち並ぶこの聖堂は壁面をモルタル塗りで仕上げた木造建築で、さながら石造建築のような重厚なたたずまいを見せている。

聖堂入口の傍らには、旧聖堂献堂時に天主堂の内陣柱頭に洗者聖ヨハネ・聖ヨセフ・聖パウロの三像とともに列排され、その後の関東大震災による聖堂焼失にただ一像耐えた聖ペテロ像が訪れる者を迎えている。

築地教会門前で大切に保存されている「江戸のジャンヌ・ルイーズ」と名付けられた明治9年(1876)鋳造の鐘

第二次世界大戦時の空襲を免れた明石町一帯の傍らにあった築地教会は、幸いにも戦災を逃れ、再建時の壮麗な姿を今に伝えている。

Photos: Junko Nagata ©GreeceJapan.com

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top