ギリシャのドラガサキス副首相、日本の滝波宏文・経済産業大臣政務官とアテネで会談

Greek

日本の滝波 宏文(たきなみ ひろふみ)・経済産業大臣政務官が2018年11月13日(火)アテネでギリシャの ヤニス・ドラガサキス副首相兼経済開発相と会談を実施した。

会談で滝波政務官は現在大阪が開催地に立候補している2025年の万国博覧会に対するギリシャ側の支援を要請。ギリシャのアレクシス・チプラス首相に対する安倍晋三首相の親書を手渡した上で、万博の開催は二国間の経済関係の実質的な強化の機会を提供することになると強調した。

これを受けてギリシャのドラガサキス副首相は日本の代表団に対し、ギリシャ経済が現在新たな回復段階にあることに言及しつつ、同国の投資先としての優位性について強調した。

会談を受け、両国は二国間の良好な政治的文化的関係が経済分野においても発揮されることの重要性を改めて確認。今年7月締結された日EU戦略的パートナーシップ協定(SPA)がこれに寄与することが期待されるとした。

ドラガサキス副首相と滝波政務官による会談の席には、ギリシャ側の関係者として経済開発省のイリアス・クサンサコス事務次官と投資・貿易サービス機関の一つ「エンタープライズ・グリース」のグリゴリス・ステルギウリス代表らが参加。また日本側の関係者として清水康弘(しみず やすひろ)・駐ギリシャ大使と2025年国際博覧会誘致特使の岩倉真樹・関西経済連合会会長付特別顧問が参加、活発な意見交換が行われた。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend