柔道グランドスラム東京2012:イリアディス100kg級で銀メダル

写真:Greecejapan.com/永田純子

2012年11月31日(金)から12月2日(日)まで開催された柔道グランドスラム東京2012は2日(日)最終日3日目を迎え、男子100kg級をはじめ男女全5階級が行われた。

今大会で階級を90kg級から100kg級へと変更したギリシャのイリアス・イリアディスは、第1試合で日本の浅沼拓海(国士舘大)と対戦。試合半ばで痛めた指の手当を行うハプニングがあったものの、階級の変更に戸惑う様子を見せることなく勝利。

続く第2試合ブラジルのルシアーノ・コヘアに勝利し、第3試合フランスのティエリー・ファーブルとの試合ではゴールデンスコアにもつれ込みながらも勝利、準決勝に駒を進めた。

午後4時半から開始された準決勝でイリアディスは今大会の100kg級注目選手で世界ランキング5位・カザフスタンのマクシム・ラコフと対戦。再びゴールデンスコアに突入しての激戦を制し、決勝への切符を手にした。

-イリアディス、決勝で小林大輔と対戦-写真:Greecejapan.com/永田純子

メダルを賭けた決勝では世界ランキング8位・モンゴルのバトトルガを準決勝で下した世界ランキング29位・日本の小林大輔(ALSOK)と対戦。双方とも決め手を欠くまま3分過ぎに指導を受けた後、試合4分で小林が一本でイリアディスに勝利し金メダル。イリアディスは初出場の男子100kg級で銀メダルを獲得した。

柔道グランドスラム東京:イリアディス・フォトレポート(2012.12.2)

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top