ギリシャ映画に新たな奇才!マクリディス監督の『PITY ある不幸な男』10月に公開(video)

ヨルゴス・ランティモス監督と『籠の中の乙女(2012年)』『ロブスター(2016年) 』『聖なる鹿殺し(2018年)』でタッグを組み、世界中にギリシャ映画の新たな魅力を見せつけたアカデミー脚本賞ノミネート(ロブスター)のギリシャ人脚本家エフティミス・フィリップが、ギリシャの新星バビス・マクリディスとともに作り上げた「他人の同情」に依存する哀れな男が暴走の末にたどり着く、世にも愚かな不条理劇『PITY ある不幸な男』が2021年10月8日(金)全国ロードショーされる。

本作の監督であるバビス・マクリディス監督は1970年ギリシャ北部・オレスティアダ湖に突き出る小さな半島の根本に位置するカストリア生まれ。数々のTVドラマで助監督を務め、2005年に初の短編『Ο Τελευταίος Φακίρης(原題:オ・テレフテオス・ファキリス/最後の修行僧)』で映画監督としてデビュー。2012年にはエフティミス・フィリップとの共同脚本による長編第一作目となる『L(原題)』を制作、同作は2012年のサンダンス映画祭でギリシャ映画として初めてコンペティション部門に正式招待された。

©2018 Neda Film, Madants, Faliro House

長編2作品目となる『PITY ある不幸な男』では再びエフティミス・フィリップとタッグを組み共同で脚本を執筆。主演の弁護士役をアテネ工科大学で土木工学を学んだ後俳優の道に進んだ異色の俳優ヤニス・ドラコプロスが怪演。事故による昏睡から奇跡的に目覚めた妻役を2007年に優れた俳優に贈られるメリーナ・メルクーリ演劇賞を受賞したエヴィ・サウリドウが、クリーニング屋の店員役を、日本でも2017年公開されたギリシャのアティナ・ラヒル・ツァンガリ監督作『ストロングマン』でちょっと鈍いが憎めないディミトリス役を好演したマキス・パパディミトリウが演じている。

©2018 Neda Film, Madants, Faliro House

『PITY ある不幸な男』

公開日:2021年10月8日(金)
劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他

原題:Oίκτος(イクトス)
監督:バビス・マクリディス/脚本:バビス・マクリディス/エフティミス・フィリップ
出演:ヤニス・ドラコプロス/エヴィ・サウリドウ/マキス・パパディミトリウ
©2018 Neda Film, Madants, Faliro House
2018年/ギリシャ、ポーランド/ギリシャ語/99分/カラー/1.85:1/5.1ch/DCP
後援:駐日ギリシャ大使館/提供:シノニム/配給:TOCANA

[ あらすじ ]

不幸なときだけ幸せを感じる男の物語。ティーンエイジャーの一人息子と、小綺麗な家に住み、健康で、礼儀正しく、概ね身だしなみは良い、一見何不自由ない弁護士の男性。しかし彼の妻は不慮の事故により昏睡状態に陥っている。彼の日々は妻を想ってベッドの隅で咽び泣き、取り乱すことから始まる。境遇を知り、毎朝ケーキを差し入れる隣人、割引をするクリーニング屋、気持ちに寄り添う秘書など同情心から親切になる周囲の人々。この出来事がもたらした悲しみはいつしか心の支えとなり、次第に依存してゆく。そんなある日、奇跡的に妻が目を覚まし、悲しみに暮れる日々に変化が訪れ…。楽園を失った男はやがて自分自身を見失い、暴走する。

 


GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top