1964年東京五輪の聖火をつないだギリシャ人聖火ランナー

Photo: John Spyropoulos

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会まであとわずか。日本でも近々発表される予定の聖火リレーの詳細の発表が待たれる中、1964年(昭和39)に開催された前回の東京オリンピックで、生活ランナーを務めたギリシャ・ペロポニソス半島北部の海沿いの町・デルベニの若きギリシャ人たちを写した写真をご紹介したい。

デルベニはギリシャ・コリンシア県に属し、聖火の採火式が行われるオリンピアの遺跡を擁するギリシャのアルヘア・オリンピア市から約190キロ、アテネから約140キロに位置する港町として知られている。

今回貴重な写真を提供してくれたのはFacebookグループ「Derveni Korinthias」のジョン・スピロプロス(John Spyropoulos)。彼の協力に感謝するとともに、近づくオリンピックの足音を感じながら期待して来年を待ちたいところだ。

[ ギリシャ・デルベニの地図 ]


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

scroll to top