ギリシャ郵便、ギリシャ映画の記念切手シリーズ発行

4月22日(月)から、ギリシャ郵便(ELTA)が「国際映画賞を受賞したギリシャ映画」と題した新しい記念切手シリーズの発行を開始した。ギリシャ郵便は今回の記念切手シリーズの発行を通じて、ギリシャ文化を世界に広める担い手としてのギリシャ映画の持つ役割を広く示していきたいとしている。

なお、今回のシリーズで取り上げられるのは以下の4作品。

テオ・アンゲロプロス監督:『旅芸人の記録』(1974-1975)、『シテール島への船出』(1984)
ニコス・クンドゥロス監督:「オ・ドラコス(ドラゴン)」(1956)(*日本未公開)
マイケル(ミハリス)・カコヤニス監督:『エレクトラ』(1962)

1975年カンヌ国際映画祭・国際批評家大賞を受賞したアンゲロプロス監督の『旅芸人の記録』など、国際的な栄誉に輝く名作ばかりを集めたこのシリーズは、切手収集家のみならず映画ファンからも注目を集めている。

●Greecejapan.com/ 永田純子

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
scroll to top