日本たばこ産業、ギリシャのたばこメーカー・SEKAP社を買収

GREEK

日本たばこ産業株式会社(JT)は今月16日(金)のプレスリリースで、ロシア第4位のたばこメーカー・ドンスコイ・タバック(JSC Donskoy Tabak)を始めとするたばこメーカー3社を買収することを発表した。3社を合わせた取得額は約1,000 億ロシアルーブル(1,900 億円)。

ドンスコイ・タバック社はロシア市場において約7%のシェアを保持するたばこメーカー。またドンスコイ・タバック社とともにロシアのJSC Pereslavl-Tabakのほか、ギリシャのSEKAP社の2社のたばこメーカーが今回の買収対象に含まれている。

JTは今回の買収により、世界第3位の規模のたばこ市場であるロシアにおいて、No.1 たばこ会社としての地位を強化するとしている。

ギリシャのSEKAP社は、親会社のドンスコイ・タバック社とともにギリシャ系ロシア人実業家のイバン・サビディス氏がオーナー。サビディス氏はギリシャ・テサロニキのホテル、マケドニア・パレスをはじめ、ギリシャサッカー1部・PAOK FCのオーナーとしても知られている。

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top