アーティスティックスイミング2022:日本の乾が金、ギリシャのプラタニオティが銅

GREEK

日本の乾友紀子:Junko Nagata ©GreeceJapan.com フォトアーカイブ

2022年6月18日(土)からハンガリー・ブダペストで開催されている水泳の世界選手権(19th FINA World Championships)で、アーティスティックスイミングのソロ・テクニカルルーティン決勝に出場した日本の乾友紀子が金メダルを、ギリシャのエヴァンゲリア・プラタニオティが銅メダルを獲得した。

ギリシャのエヴァンゲリア・プラタニオティ/Junko Nagata ©GreeceJapan.com フォトアーカイブ

福岡で行われる予定だった今大会は新型コロナウイルスへの懸念から開催地がブダペストに変更。乾は決勝で92.8662をマーク、世界選手権のソロでは日本初となる金メダルを獲得。銀は91.9555でウクライナのマルタ・フィエディナが、3位は89.5110でギリシャのトップアスリート、エヴァンゲリア・プラタニオティが獲得した。

2018年開催のASジャパンオープン2018の表彰台に上る日本の乾とギリシャのプラタニオティ/Junko Nagata@GreeceJapan.com フォトアーカイブ

 

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
scroll to top