ギリシャのカキュシス大使夫妻、鶴岡八幡宮でオリーブ樹を植樹(photos)

GREEK

(右より)川上・日本ギリシャ協会事務局長、片野・いけばなインターナショナル東京支部長、カキュシス大使夫妻、吉田宮司、盆栽清香園・山田専務取締役、盆栽清香園・河田氏

神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、2021年12月26日(日)コンスタンティン・カキュシス駐日ギリシャ大使とイオアナ・ハリクリア・ヤナカル大使夫人によるオリーブ樹の植樹式が開催された。

植樹が行われたのは、鎌倉時代には「武家社会の護り神」として広く崇敬され、今も世界各地から訪問客が訪れる鶴岡八幡宮の境内南側に位置する平家池の傍らに1951年に開館した神奈川県立近代美術館の旧鎌倉館を受け継ぎ、2019年6月新たに鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムとして開館した博物館の前庭。

植樹式を前に祭神に祈りを捧げるカキュシス大使夫妻

愛する盆栽をきっかけに2018年から公私に亘って鶴岡八幡宮と交流して来たというカキュシス大使は、流鏑馬を始めとする八幡宮の恒例行事に毎年夫人とともに訪問。また、鎌倉を訪れた際には八幡宮に立ち寄るなど幾度も足を運び交流を深める中で、夫妻で育てたオリーブを寄贈したいと考えた時、八幡宮が自然と思い浮かんだという。カキュシス大使は「八幡宮にとっても、植樹を受け入れるのは簡単なことではないはずですが、これまでの交流が実を結び、寄贈を受け入れて下さいました」と語った。

オリーブ樹を植樹するカキュシス大使夫妻と吉田宮司

植樹したオリーブ樹に水を注ぐカキュシス大使

植樹式当日カキュシス大使とヤナカル大使夫人は、八幡宮本宮に昇殿し祈願を受けた後、鶴岡八幡宮の吉田茂穂宮司、いけばなインターナショナル東京支部の片野順子支部長、日本ギリシャ協会の川上修二事務局長、大使夫妻が盆栽制作を学んだ盆栽清香園の山田寅幸・専務取締役ら関係者が見守る中、平家池を眼前に臨む博物館前庭に2本のオリーブ樹を植樹。ギリシャと日本の二国間の末永い交流を誓った。

カキュシス大使夫妻は今回植樹を行った鶴岡八幡宮をはじめ、1989年(昭和64)10月8日にギリシャ・ミロス島と姉妹島調印を行って以来ギリシャと長年に渡る友好関係を維持する香川県小豆島、東京2020オリンピック・パラリンピック大会でギリシャのホストタウンを務めた広島県江田島市で、オリーブ樹の植樹を実施している。

関係者らが見守る中、八幡宮の祭神に祈りを捧げるカキュシス大使夫妻

植樹式に列席した片野順子・いけばなインターナショナル東京支部長

鶴岡八幡宮・平家池を眼前に臨む博物館前庭にたたずむオリーブ樹

photos: Junko Nagata © GreeceJapan.com

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします
永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top